けものフレンズ2感想

今期のアニメの総評でも残そうと思ったんですが、けフ2はやはり分離しとこうと思ったのでこちらで書こうと思います。私はどちらかというと擁護側なんですがかなり出来が悪いのは確かな作品でした。特に脚本がね…

最終話までで、やりたかったことというかキーポイントの部分はいくつか見えたと思います。「キュルルはかばんとは違いヒトである」「つまるところフレンズどうしの交流だった1期とは違う、ヒトとフレンズの交流を描く」「旅での成長を通じておうちは今いる場所であることを発見する」「ビーストとの和解と交流」「イエイヌの所持していた写真と手紙により出自が明かされる」等々でしょう。これらのパーツを上手く結びつけるのが脚本という作業なんでしょうが、本作はそれに見事に失敗してしまったという認識です。というか本当にキーポイントになったであろうビーストとの和解やキュルルの成長といった部分が結局見られないまま終わったのはただもう不出来さを感じずにはいられません。

特に失敗した感じるのは「カバンはフレンズであったが、本物のヒトが主人公ならどうなるか」という1期の掘り下げとも言えるテーマを選択してしまったことそのものです。明らかに脚本を練る時間が足りてないのにこの難しいテーマに挑戦をしたのは無理があったとしか思えません。イエイヌがなぜかばんでは駄目でヒトを求めたのかという点は、明らかにこのテーマの核となる部分だったはずなのにほぼ説明無しに終わってしまい非常に厳しみを感じました。

とはいえ、この挑戦に成功したとしても面白さの面で寄与できたかは微妙だと思います。テーマの掘り下げという部分をやりすぎて失敗した前例であるサイコパス2がどうしても頭をよぎります。「シビュラシステムが完璧に単一の人間の色相判別ができたとしても、集団相手では個人の色相判断は絶対ではなくなるのでは?」という冲方丁による堀下げを行ったのが2だったのですが、正直アニメそのものの面白さに寄与したかと言われるとあんまり…でした。1は刑事ドラマ部分とCV櫻井の衒学趣味な語りが面白いと感じたのであって、2でそこが抜けてしまうとどーもアニメそのものの面白さとしては落ちてしまいました。 まぁこのテーマ掘り下げは放送終了後に色々と考え直すことで楽しめましたが。

あとは前半部分の茶番や、いわゆる劣化版「人類の叡智」の問題ですね。あれらは私には「フレンズとしてヒトの叡智を十全に出すかばん」vs「凡俗たるヒトにすぎないキュルル」という対立項を描こうとしたのかなあという風にも思えたのですが、単純に寒いものになっちゃいましたね。ここら辺も練る時間無いまま突っ走ったのかなあという気がします。

総評としては、意欲的なテーマをやろうとして盛大にコケた出来の悪いタイプのアニメがけフ2だったと言えるのではないでしょうか。悪意だなんだ言う前にこればかりはハンロンの剃刀の警句を思い出すべきでしょう。あと「実写版デビルマンやサメ映画の方がマシ」みたいなこと言ってるやつにはデビルシャークを全力で投げつけたく思いますハイ。レベルが違いますよレベルが。

デビルシャーク

デビルシャーク

なお、おすすめのサメ映画はこちらです。

フランケンジョーズ

フランケンジョーズ

本物の虚無アニメはこちらです。
anime.dmkt-sp.jp