2018年虚無アニメ総括

仕事納めを迎えたので虚無アニメもそろそろ納めましょうということで。
今年はなんと言ってもロードオブヴァーミリオン紅蓮の王GODZILLA 星を喰うものの二大巨頭が目玉となりました。

lord-of-vermilion.com

godzilla-anime.com

ロードオブヴァーミリオンの方は、絵はとても綺麗でOPEDともに良いが、説明が全く無いので何が起こっているのかまるでわからないことに加え、ストーリーが基本陰鬱で主人公勢含め次々に退場していくという本格派の虚無アニメとなっています。加えてとかく絵面がシュールな部分があり、一話ラストで如何にもボス風味に登場するサングラス掛けた兄ちゃんが指パッチンを連打しながら迫ってくるシーンは必見です。全体的には絵の良さと引き換えにしたのか話の残念具合だけで虚無を作りだしているので、異世界スマホがぬるくなってきた虚無の民にオススメの作品でした。


GODZILLA 星を喰うものはまぁー話題通りの宗教アニメにして実況アニメにして対話アニメでしたが、私はあの映画にZ級サメ映画の構図を見ました。邪教徒の儀式により呼び出される無敵のサメことギドラ、サメ映画なので怪獣はほぼ映らず延々と人間同士の対話をやる、そして物理的手段で倒すことはできないのでギミックを解くことで倒すことができる…正直全体的に「デビルシャーク」と「ゴーストシャーク」とあと色々なサメ映画を思い出さざるを得ないんですよこの映画は。悪い櫻井と宮野が精神空間で対話を始めたシーンから本当に笑いを止まらなくて無理矢理こらえながら見てました。虚無だなんだ言うてもZ級映画好きには刺さった映画なんじゃないかなあと思います。


その他、ほぼ一年近く経ってるんですっかり忘れてましたが剣王朝なんてのもありました。
s.mxtv.jp
これがまた中華系の春秋戦国?ファンタジー世界作品の悪いところを詰め合わせたような作品で、特に展開の粗雑さが目立つタイプの虚無アニメでした。正直あんま覚えてないんですが、後半に修行シーンと称して半裸で男女が手を合わせて念じるシーンが繰返されたことになんとも言えない虚無を感じたことは覚えてます。まぁ楽しめるタイプのクソアニメだった霊剣山から行き着いた地点がこれかぁ…という寂しさはないでもないです。

今年は最後の最後で株価暴落の年とあい成りましたが、2019年も日銀と同様虚無アニメに注視していきたいと思います。

小糸侑はロボなのか?

百合ランキングだかなんだかで一位を取っていた「やがて君になる」を手にして以来、私はこれから百合作品っぽくなさを感じていた。アニメが始まったことでまたこの作品を見返すことになり、当時感じていた違和感の部分をすこしずつ言語化できるようになったが、キレのいい言葉にまでは昇華できてなかった。しかし某闇氏のツイートでようやくいい言葉に出会えた。「ロボ」である。

「好きがわからない」小糸侑と「自分を好きにならないで欲しい」七海燈子の二人の関係性、そして小糸侑が「好き」を覚えていくプロセスが本作の主題だ。この構図、「本来感情を持たない(とされている)ロボ」を「自身に感情を向けない愛玩人形を欲するマスター」が愛するも、ロボが感情を獲得してしまうことで関係性が変化せざるを得なくなっていくという、古典的なSFと同じものを感じたのだ。愛憎のぶつけ合いの関係性を百合作品に求めたいた私としては、このSF的な別テーマを感じたためにやがて君になるを百合っぽくないと感じたのかもしれない。今後の原作含めた展開としては、「感情を獲得したロボ」小糸侑に対して「マスター」たる七海燈子はどう振る舞えるのかだろう。マスターの想定を超え、ロボから人間へと変化していく存在を拒絶するのか受け入れるのか、楽しみなものである。


なお、古典SFロボな面を見せてくれた小糸侑はそれはそれとしてさておき、佐伯沙弥香は全力でレズレズしているので直球で最高である。個人的に大変悔しいことに「佐伯沙弥香について」も最高だった。買うべき本である、ということで締めたい。

アイカツフレンズのBDBOX1を買った

アイカツフレンズ! Blu-ray BOX 1

アイカツフレンズ! Blu-ray BOX 1

買いました。

このBOXですが、特典映像に劇中のライブだけを抽出して再生できる機能が付いています。最高です。
BD画質だと放映時にのっていたノイズが全部消えているので、ライブシーンは本当にお金を払った価値を感じます。
ライブシーンこそ円盤を買う最大の理由になっていたのだなあと思わされました。

余談ですが、もう一つの映像特典として筐体の方のライブシーンも入ってます。アニメでソロライブだったものが複数人ライブになってたりしてキャラ組み合わせが面白いです。ただ、動きの激しいシーンでは結構カクツクので見ててほっこりしたり。キャラの動きは複数人でもみんな同じ動きをするんですが、本編のそれぞれ別の動きをして一個の芸術を作るものだけでなく、こういう団体行動的な絵もやっぱりいいよねと感じました。

「女性は関わったのか?」という反語表現の危うさ

性嫌悪の人が二次元女性キャラを規制しろと叫んでるようですが、この手の批判で「女性は決定プロセスに関わっていたのか?」という発言をたまに見られますがかなり危うい発言に見えます。というのも、もし本当に女性が関わっていた場合に、この発言は彼女に対する人格否定、性否定に他ならないわけで、まさしく別方向でのジェンダー的コレクトネスの強要であり、性差別発言になってしまうわけですハイ。皮肉を入れたくてたまらないにしても最悪を考えて言葉は選ぼうなと思いました。

2018 夏アニメ感想

2018年夏アニメも終わったので感想をば。
今期はプラネットウィズやハイスコアガールのように正統に面白い作品や、ちおちゃんやあそびあそばせのような一級のギャグアニメ、ヤマノススメサードや遥かなレシーブのようなレズレズしいのもあって大変楽しめました。が、私はクソアニメと虚無アニメ(とレズアニメ)の愛好家なので、百錬覇王とLoVについてをば。

百錬の覇王と聖約の戦乙女

hyakuren-anime.com

百錬覇王は、なろう系異世界ものにふんだんにラノベテンプレこと石鹸枠を混ぜ込んだ我々が望むタイプのクソアニメの名作でした。むしろ石鹸枠になろう系のエッセンスをいれた作品なのでしょうか。

物語の格子の部分はわりと普通に戦記ものをしているのですが、なろう系や石鹸枠的なテンプレで実況民にコールアンドレスポンスさせたり、軍事面政治面の描写で微妙にツッコミどころを入れることで私を楽しませてくれました。
ツッコミどころでは例えば、「巨大な盾を円陣に配置して籠もって立て籠もる」というやつですね。小学生の発想といえばそうな見た目のインパクトから出されるシリアスな笑いは非常に良かったです。もちろんこの後の謎ダンスもね!

(余談ですが、この円陣盾を戦術的に馬鹿にしてた某一連のツイーヨはなんだかなあと思いました。如何にも小学生の発想という点で批判されてたようですが実際に巨大な盾をズラリと並べて破れと言われたらかなり厳しいでしょう。そこは迂回されたらどうするねんという批判が欲しかった)

総括して、なろうや石鹸枠の築き上げたテンプレ部分にツッコミどころ多めの政治軍事描写とクソアニメ的アクセントが上手くハマった作品だと言えるでしょう。なんとなくおかしい感じのツッコミどころを如何に作り込まれているか、これが楽しめるクソアニメかどうかの差なのかもなと思わされました。


ロードオブヴァーミリオン 紅蓮の王

lord-of-vermilion.com

ロードオブヴァーミリオンは虚無アニメ界に残る名作でした。感想は、、なんというか言葉にできないので箇条書きだと、

  • OPは良い
  • 絵も綺麗
  • 説明皆無のため展開の意味が何もかもわからない
  • 伏線不足の唐突な展開が多く、物語にキャラが振り回される。ついでに視聴者も振り回される。
  • 一話の唐突な指パッチンおじさんの登場が面白すぎる
  • ヒロインがいきなりデレたり主人公の敵になったりと起伏の激しさがまた良い
  • 最終話でラスボスが崖から突き落とされてフワーッ!となるのが面白すぎる

... etc.etc.

総括して、意味のわからないストーリーの動かし方で視聴者の頭を空っぽにしつつも、たまにあるアクセントで大笑いできるという虚無アニメらしい虚無アニメだったと思います。おかげで土曜の睡眠時間が大きく削られました。

マリオテニスエース攻略: CPUさいきょうを前に出て倒す

今日も今日とてCPUさいきょうと戯れてます。ディフェンス系キャラは強いんだけど面白くないなあと思ってピーチでCPUさいきょうと渡り合う方法を探しておりました。
(なお、8月のアプデでワルイージもJrも弱体化してピーチが最強キャラの一角になってしまったのはなんか不本意…)

前々回の記事で「前に出るな!」ということを書いてましたが、ピーチの場合は前に出ないと決定打を与えられないのでどうしても前に出てネット戦を仕掛ける必要があります。ネット戦でまともにやるとどうしてもCPUには勝てないと思ってたのですが、勝つ方法がようやく見つかりました。相手の横テクニカルに対するカウンター攻撃です。 成功パターンを動画でどうぞ。


パターンとして書くと以下の通りです。
1. サービスラインまで前に出つつ相手を左右に振る
2. 相手の横テクニカルを見てネット際まで前進する
3. チャージor強打でスライスボレーを空きに打つ
4. また横テクニカルで返された場合は3.を繰り返す

CPUさいきょうが相手では、普通はネット際まで前進した瞬間にロブを打たれて負けるのですが横テクニカルに狙いを絞ることでロブを打たせないようにしているのがこのパターンのキモです。

前に出るパターン研究の副作用として、ねらいうちに対する対策も進化しました。単純に加速を使いネット際まで出てblockを行って横テクニカルを打たせることで上記のパターンに入れます。ねらいうちをテクニカルショットで拾うより簡単でした。動画はこちら。


余談

ところで、ねらいうちってどこに使うのがいいんですかね… ネット際にまで出てブロックする戦術はかなり強力で安定するので相手がサービスラインまで出ていると使い物にならない可能性が高いです。相手がベースラインかその後ろまで下がっているときに使うのが正解?

マリオテニスエース攻略(CPUさいきょう編)

ついにマリオテニスエースでCPUさいきょうを圧倒できる戦術を開発しました!
あえて言うならマックスチャージ戦術です!

戦術の格子

マックスチャージ戦術は名前の通りマックスチャージショットを軸に組み立てる戦術で、決め球としてマックスチャージロブとマックスチャージドロップを用います。なんと、前回の記事でこれでしか点取れないとほざいてしまった「ねらいうち」はもうつかいません!使用キャラはカバー範囲が広いワルイージやチャージしながら移動できるロゼッタを想定しています。

サーブorリターンから以下のパターンを基本格子とします。

  1. マックスチャージトップスピンで相手を後ろに下げる
  2. さらにマックスチャージトップスピンで相手を後ろに下げる
  3. マックスチャージドロップを打って決める

また、マックスチャージロブを使うパターンもあります。

  1. マックスチャージロブで相手を一気に後ろに下げる
  2. 相手の返球を返球を適当にドロップショットで返して決める

マックスチャージ戦術ではねらいうちでエナジー消費しないのでスペシャルショットが簡単に撃てます。
さっさと使うも良し、CPUのねらいうちのカウンターとして使うも良しです。ただし、相手がエナジーマックスのときは使わないようにしましょう。スペシャルショットでカウンターされて決め球にならない可能性が高いです。

この戦術、ネットにどんどん詰めてチャージショットを撃たせないのが弱点になるんですが、
そういう相手(ルイージなど)にはマックスチャージロブを早めに打つと良いです。ぶっ刺さります。

マックスチャージロブとマックスチャージドロップの打ち方、そしてショットの打ち分け

いろんなサイト巡るまで気づかなかったのですが、マックスチャージロブを打つ方法はX+↓だけでなく、Aでチャージ開始してBボタンを押すという方法があります。これが非常に強力でトップスピンかロブかドロップかの打ち分けが簡単にできるのです。具体的には、

  • 相手のコースを見てAでチャージを開始する
  • もう一度Aでトップスピン
  • Bボタンでロブ
  • X+↓をチャージ中に先入れすればドロップ

となります。(Yボタンでフラットも撃てますがスマッシュチャンス以外は使わなくていいです)
トップスピンとロブの二択を迫れるのが非常に強力であり、マックスチャージ戦術をやるなら絶対に覚えてください。
また、Bでチャージ後にAを押すとドロップショットを打てるため、最初からドロップショット狙いのときには以下のように、

  • Bでチャージを開始する
  • もう一度Bでスライス
  • Aボタンでドロップ
  • X+↑を先入れしてロブ

とすることもできます。
こちらも練習するべきでしょう。どちらも対人戦でもものすごく役に立つと思います。

マックスチャージ戦術 vs ねらいうち軸

マックスチャージ戦術は前回の記事で書いた、ねらいうちを軸とした戦術と比べると明らかな利点があり、それはCPUの超反応とまともに付き合わなくていいところです。CPUは恐ろしい頻度でねらいうちを横テクニカルやブロックで返してくるのでねらいうちのリターンがめちゃくちゃきつく、おかげでこちらの横テクニカルがかなり鍛えられました。が、安定させるのがとても厳しいです。

対してマックスチャージ戦術ではドロップショット、ロブ、そしてスペシャルショットで点を取りに行くのでCPUの強烈な横テクニカルと反応速度で真っ向勝負せずにすむのでプレイヤーにかなり優しいです。また、エナジー効率が非常に良いのでスペシャルショットが常に撃てる状態で戦うこともできるため、ミスったらとりあえずスペシャルを打つということも出来ます。失点が減れば勝ちやすくなるのは自明でしょう。

前回の記事で私が書いてしまったねらいうち戦術はさっぱり忘れて、皆さんもマックスチャージ戦術でCPUさいきょうを打ち崩していきましょう!勝つとほんと気持ちいいです!

追記

動画取ったどー