2020年のアニメ振り返り

2020年、コロナで前半終わってましたが後半から良い作品が大量に出た年でした。とはいえこのブログ的には次の二つの年だったでしょうね。

colopl.co.jp

gibiate.com

白猫プロジェクト ゼロ・クロニクル

どうもソシャゲアニメは虚無化する可能性が高いらしく、本作もそうなってしまった作品です。ゲームの方で背景知識を得ろということなのか、いまいちキャラが何を指向してるのがわからない部分が多々あって視聴者の外側で進む話を見せられてる感じが強かったです。話がよくわからないわりに戦闘シーンやギャグっぽいシーンがかなりイマイチで見どころが無いのがまたきついです。

しかし本作で一番の見所(?)はなんといっても7話の「山菜取り」だったでしょう。この数話前に主人公達が白の王国に着いたところから突如してストーリーの進展がとまり、交流シーンだけがずっと続いてこの七話の「山菜取り」ではほんとうに山菜を取って天ぷらにして食べるだけの話が展開されるというあまりの転倒っぷりに我々実況民は爆笑したものでした。

この七話で平和な話が終わってまた戦争へと突入する出来事が発生していくわけですが、それも中々唐突に伏線なしに起きるのがまた虚無アニメが虚無アニメたる所以というべきか。ここからはラストまで全般的に唐突さがすごく、少なくともゲームを知らない人間からは「どうしてそうなった」が連発される展開でした。

展開の唐突さからくる没入感の欠落具合と、元々のギャグなどのつまらなさの融合が今年一番の虚無アニメとして名を上げた作品かと思います。

ジビエート

この令和にGUN道が見られるかーと言わんばかりのすごい作品でした。系統的にはクソアニメの部類でしょうか。

作画や演出も中々イカれてて面白かったんですが一番おかしかったのはキャラに対する注目度のバランスだったと思います。ジビエ化してしまった重要キャラは何も流さずに終わったり、重要メンバーの死の瞬間は描かずその分をヤクザグループのモブっぽい相手の棒高跳びの演出に使ったりと… 構成って大事だなあと思わされた作品です。

あとの見所は何といっても本作のラスボスの判明する展開やジビエ化の真相の超展開っぷりでしょう!いやラスボスが誰かということについてはなんとなく見えていましたがそういう超展開な理由にしなくても良かっただろと言いたくなります。本当に転倒した面白さを提供してくれた作品でした。クソアニメを語るならこれは見なきゃだめだろうという逸品に仕上がったと思います。

2020年夏アニメ感想

ジビエートが最高にヤバかった。以上。

gibiate.com

↑(みんな円盤買って)

令和始まってまだ二年だが既に令和最高のクソアニメになるであろう貫禄を見せつけた作品でした。映像の作画力のアンバランスさもすごいがとにかくストーリーの構成のおかしさが半端ではない。これぞクソアニメというオチが見たかったらジビエートを見ろ。

2020年春アニメ感想と夏アニメ展望

春アニメの感想ぐらいかかなきゃなあと夏アニメ面白そうなのが出たなあというのが両方きたが別々に書くのはめんどくさい。そこでまとめて書く。

春アニメはとにかく白猫プロジェクトZERO CHRONICLEが虚無だったことに尽きる。スマホゲーの豊富な資金を使ったであろうにストーリーが視聴者の外側をすぅーっと抜けていく感覚が凄かったし、ギャグパートっぽいところはとても辛かった。まさか一話かけて山菜取って料理して食べただけの回が一番面白いものになるとは思わなんだ。虚無アニメ史に刻まれる作品であったと言いたい。
colopl.co.jp

夏アニメはジビエートがいわゆる褒め言葉の方のクソアニメを突っ走っていてとても期待したい。というか二話までで爆笑しなかった瞬間がないレベルだ。はっきり言ってヤク決めてヤケクソでやってるとしか思えない展開や突っ込みどころが破茶滅茶に出てくるが、そこが面白いのだ。(近未来サバイバルホラーかと思えば主人公はタイムスリップしてきた侍ってどういうセンスを持ってれば思いつくのだ?)魔王学院もなかなかだが、今期のクソアニメマイスターの覇権はジビエートで決まりだろう。
gibiate.com

攻殻機動隊 SAC 2045感想

www.netflix.com


見たのは2045出てすぐの土日だったがふと感想を書きたくなったので今更ながら。

  • 「SACが見たい人間はSACで止まってるんだろう?」と言わんばかりの内容
  • 2045年設定のわりにSACから科学技術の進歩をあまり感じないのがその原因か。
  • SACシリーズは科学技術ではなく社会構造の方を見せる作品なんだなあという印象。サスティナブルウォー、世界同時デフォルトというフレーズは良いと思う。
  • ただ、ポストヒューマンってなんだその古臭いテーマの敵は。人間やめちゃった原作の素子か?それとも適合者たる七転福音か?どちらにせよ新しさを感じないのでなんだかなあ。

FF7Rクリア後感想

FF7のリメイクをクリアして感想(不満)をぶちまけたくなったやつです。

良いところ
  • 映像はめちゃくちゃ綺麗
  • 後半のボスは戦闘の歯応えがある
  • 戦闘直前からロードしてやり直せるのめっちゃ助かった
  • 弱点を付くのが極めて重要になるような仕組みになってるのは面白い
  • ティファがとても綺麗
  • ティファが巨乳美女
  • ティファの腹筋
  • ティファのシコリティがとにかく高い
  • ティファ最高
悪いところ
  • ムービーがとてもとても長い
  • ムービーが終わったと思ったらムービーが始まる
  • 実質操作不能な状況が多く、指示に従って動かされてる感が非常に強い
  • 異常なまでに強いFallout
  • サブクエストはたるい。(サブクエストだから仕方ないけど。)
  • 戦闘に不満が多い。以下ずらっと。
  • アクション取れるわりに敵の攻撃を回避するのが非常に難しいため、結局は回復しながらひたすら殴る戦略に落ち着きがち
  • キャラの行動にかかわらず、敵CPUが操作キャラを全力で狙ってくるので後衛を操作するのはかなり難しい
  • 多vs1戦が鬼で、先制で殴り殺せないとすぐに必敗の状況に追い込まれる
  • ロックオンの仕組みが謎で狙いたい相手に通常攻撃かけるのが難しすぎる
  • ボス戦でこっちはひるみ取れないのに、相手の攻撃ではひるみを取られ続けるのが卑怯
  • ボスがとにかく硬い。特にメカ系のボスは本当に硬い
総論

動かせる映画と言えば聞こえはいいですが、実際は動かさせられ続ける映画と言ったところでした。アクション化した戦闘は良いところもあれど、回避の異常な弱さや敵CPUの行動により不満も多いです。まぁとにかくティファでシコるためのゲームとしか言いようがないところがあります。

2019年NISA成績

新年に書こうかと思いましたが東証が納会迎えてたんでもう書いちゃいます。

成績

NISA120万円枠使い切って、含み益で+10万5千円、+8.77%でした。

今年はなんだかんだ年末に向けて上げ調子だったので年始のツライ時期にしっかり買ってる人は大勝利できる年でしたね。私は年始時になぜかバランスファンド買いあさっていたのであまり大勝利というほどではなかったですが… あとJ-REIT明らかに上がりすぎで怖いっす。流石に下がり始めてますがまた爆発はくるんでしょうか

来年の予定

今年一年使って全世界株+債権+リートの投信積立のパターンを確立できたので来年もこれでいきます。
今のところの予定は以下のバランスで。

  • SBI全世界株: 65%
  • 三井住友日本債: 10%
  • 三井住友海外債: 10%
  • ニッセイJリート: 5%
  • ニッセイ海外リート 5%

来年で手持ちの投資用現金をだいたい投信に変えられるはずなんで頑張ります。

虚無作品リスト2019更改版

もう頭が駄目になってきているので虚無作品の名前が出てこないことがあります。なんで年1でリストの作り直しぐらいはしようと思いましたので書いていきます。

遊戯王ARC-V

異世界編以降なんていうか、ループ

デビルシャーク

これを見た後だと大抵の映画は「ストーリーがあるから良い」って感想になれます。デビルマン程度で悶絶している人は見てください。

ロードオブヴァーミリオン 紅蓮の王

どうしてこうなった的虚無作品。映像も音楽も良くても虚無にはなるんです。

二ノ国(映画)

2019年分の追加。主人公の思考が意味不明でとてもツライんすよ的作品。お前こそデビルマンの後継者だ…

フェアリーゴーン

2019年分の追加。ロードオブヴァーミリオンの後継者的作品ですね。この作品は冲方丁の地雷っぷりをより鮮明にしたと思います…


他もいろいろあったように思うが何も思い出せないのでもう駄目。