読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精霊使いのヒャン舞

虚無 Advent Calendar 2016 - Adventar 16日目です。

今回は精霊使いの剣舞いきます。

www.bladedance.tv

 

ストーリー

女装が趣味の少年、レン・アッシュベルが女子校に編入し、エロいことをする作品です。

嘘です。元女装少年のカミト君が女子校に編入し、赤髪で炎使いの王女っぽい娘の裸を見た後、パンツの色を執拗に問いただした結果好感度が上昇し、チームを組んで大会の優勝を目指す話です。

作品の魅力

まずは何と言ってもまごうことなくラノベテンプレなアニメなのが素晴らしいですね。女子校に編入するたった一人の男主人公、開始10秒で裸のヒロインと出会う主人公、チーム編成して剣舞祭での優勝を目指すストーリ… もうやまほどあるラノベファンタジー学園ものとの差が見つかりませんな!ガハハ!

 

 

アニメの一話一話の構成もテンプレ感が非常に強く、だいたい最後はヒロインに「この淫獣!!!!」と罵られて終わることが多いです。こういうのラノベテンプレクソアニメ愛好家としてはたまりませんな。

 

こういうテンプレアニメでは差分がどれだけ面白いかがポイントになるわけですが、本作ではヒロインがあまりにも情緒不安定なところが該当するでしょう。初っ端から自分の精霊が一時消滅したことに発狂してバーサーカーな精霊に手を出すことから始まり、青髪ちゃんとの中が進展すればすぐに発狂して敵に襲われるのがおもしろ過ぎました。

 

バトル部分もやはりテンプレ感が漂ってくるんですが、最後の最後でフルアーマーなロボの精霊を駆る強敵相手に「熱膨張って知ってるか…?」な炎と氷の温度差による金属劣化で鎧を破壊するシーンも必見です。粉塵爆発と熱膨張はラノベテンプレアニメバトルシーンのロマン。

CV: 木戸衣吹

赤髪で炎使いといういつものテンプレ感漂うヒロインなんですが、CVは木戸衣吹です!!!!!!我ら帰宅部員としてはこれだけで見るに値する作品なわけです。滑舌の悪さ、強すぎる声の個性、何をやっても「木戸ちゃん」という感じ… これらがもうたまらんわけですよ。木戸ちゃん成分が無限補給できる喜びを味わって欲しい。

ひゃん!

エッチなシーンでのヒロインの叫び声は大変独特で「ひゃん!」なんですよね。キャラか声優を特徴づけるマークとして扱われているのか、作品中でやたら連呼されます。ひゃん動画も楽しいでみるといいでしょう。

見よう聞こうdアニメ

anime.dmkt-sp.jp

なんでもあるよdアニメ